青森県立十和田工業高等学校
034-0001青森県十和田市三本木下平215-1 Tel:0176-23-6178  Fax:0176-23-6771
 
学校案内
 
トップページ > 学校案内 

校訓

不撓 探究 至誠 明朗
 

学科・定員

・機械・エネルギー科 1クラス(35名)
・電子機械科 1クラス(35名)
・電気科 1クラス(35名)
・電子科 1クラス(35名)
・建築科 1クラス(35名)
 

沿革

昭和37年02月27日 青森県教育委員会において青森県立十和田工業高等学校を現在の位置に開校することを議決
昭和37年02月28日 青森県議会において青森県立十和田工業高等学校設置の件議決 
昭和38年04月01 日 青森県立十和田工業高等学校開校(機械科、電気科各3 学級)

開校当時の職員
↑開校当時の職員

昭和38年04月14日 開校式並びに第1 回入学式を電気棟仮校舎で挙行  
昭和38年12月15日 開校記念式典を挙行
建設風景
↑建設風景
開校記念式典
↑開校記念式典は窓ガラスの入っていない
 建設途中の体育館で雪が舞う中で行われた

昭和39年06月13日
 全館落成式挙行
昭和41年12月01日 電気事業法の規定に基づく主任技術者の資格等に関する省令の認定校となる
昭和43年05月16日 十勝沖地震により建物に甚大な損傷を受け、10月より修復工事開始
昭和44年11月17日 十勝沖地震災害復旧工事完成
昭和47年10月20日 創立10周年記念式典挙行
昭和47年11月27日 機械科実習棟224.26㎡新築
昭和47年12月18日 校地12298㎡買収取得
昭和49年05月18日 第2体育館969.92㎡新築
昭和51年10月21日 生徒会館新築(創立20周年記念事業)
昭和57年10月09日 創立20周年記念式典挙行
昭和58年04月01日 建築科開設(1学級)
昭和58年04月01日 校地16151㎡買収取得
昭和59年01月26日 野球場完成
昭和59年02月10日 建築科棟完成
昭和59年10月14日 建築科校舎新築並びに野球場完成落成式典挙行
昭和62年01月15日 雄心会館完成
昭和62年01月24日 雄心会館落成記念式典挙行
平成元年04月01日 電子科開設(2学級)、電気科1学級となる
平成02年10月22日 管理教室棟外壁窓枠改修工事完成
平成03年04月01日 電子機械科開設(1学級)、機械科2学級となる
平成05年02月22日 電気科実習棟改修並びに、電子・電子機械科実習棟新築
平成05年06月19日 創立30周年並びに実習棟落成記念式典挙行
平成05年12月09日 野球場整備工事完成
平成06年03月23日 機械科実習棟改修工事完成
平成07年03月27日 ラグビー場整備工事完成
平成07年03月27日 家庭科実習棟完成
平成09年03月25日 部室2棟完成
平成10年09月20日 管理棟耐震補強工事完成
平成11年09月20日 機械科棟・電気科等耐震補強工事完成
平成14年03月27日 第1体育館2142.19㎡完成
平成14年10月19日 創立40周年並びに体育館落成記念式典挙行
平成16年03月25日 運動場整備工事完成
平成16年04月01日 電子科1学級となる
平成18年04月01日 1クラス35名募集となる
平成19年12月20日 生徒会館改築
平成23年04月01日 機械科が機械・エネルギー科に名称を変更
平成24年10月14日 創立50周年記念式典挙行 
 

学校運営計画

1.校訓
 不撓 探究 至誠 明朗

2.教育目標
 勤労を尊び、豊かな情操と創造性に富み21世紀を担う調和のとれた工業人を育成する。
 (1)困難を進んで克服する勇気と根気強さのある人間を育てる。
 (2)探究心をもって意欲的に課題に取り組む人間を育てる。
 (3)誠実で礼儀正しい人間を育てる。
 (4)心身ともに健康で明朗な人間を育てる。

3.重点目標
 (1)生徒一人一人が、希望進路達成に向けて能力・個性を伸長できるような教育環境を作り、地域から信頼される特色ある
 学校づくりに努める。
 (2)学習・部活動・学校行事等のあらゆる教育活動の場で、きめ細かな指導を実践し、生徒と教職員の豊かな人間関係を基
 本に据えて、社会の変化に即応できる資質と体力の向上に努める。
 (3)教職のプロとして、熱意と情熱をもって教育にあたり、生徒の自己実現のために意欲的に取り組む魅力ある学校づくりに
 努める。


4.目標達成のための具体的施策
 (1)学力向上
  ア 生徒は学習第一、教師は授業第一
  イ 「わかる授業」、「力のつく授業」の展開
  ウ 生徒の要望に応えられる手腕と力量
  エ 観点別学習評価の確立
  オ 言語活動の工夫・充実によるコミュニケーション能力の育成
 (2)生徒指導の充実
  ア 「あいさつ」の励行
  イ 危機管理の徹底
  ウ 教育相談の推進
  エ 登・下校指導の継続
  オ 問題行動の未然防止
  カ 問題行動への迅速な対応及び指導
  キ 情報モラルにかかわる指導の充実
 (3)キャリア教育の推進
  ア キャリア教育指導体制の充実
  イ 将来の生き方指導・進学就職指導の充実
  ウ 生徒の能力・適正を考慮に入れた進路選択と指導の工夫
 (4)部活動の活性化
  ア 部員数、男女比を考慮に入れた部活動の励行
  イ 体力の向上と指導の充実
  ウ 部活動をとおしての良きマナー及び良き人間関係を築き、豊かな心の育成
 (5)学校図書館教育・視聴覚教育の充実
  ア 毎日の「朝読書」を継続し、読書指導ならびに図書館利用の推進
  イ 視聴覚教材・教具を整備し、授業展開の工夫
 (6)特色ある学科づくり
  ア 地域の要望に応えられる学科づくり
  イ ものづくり教育の推進
  ウ 資格取得の奨励と指導
 (7)健康教育の推進
  ア 生徒みずからが進んで健康を保持・増進するように、保健・安全指導の充実
  イ 運動に親しむ資質や能力を育て、運動の習慣化を図る指導の充実
  ウ 健康診断等の資料を整備し、効果的な利用
  エ 食に関する指導の充実
 (8)環境教育の推進
  ア 各教科等における環境教育の指導
  イ 環境の実態を把握させる指導
 (9)学校評価の運用
  ア 学校評議員による評価と提言を活用
  イ 内部評価及び外部評価の活用
 (10)研修の推進
  ア 教職員の意識改革とモラールの高揚
  イ 教科指導及び特別活動における実践的な指導力の向上
 (11)保護者・地域との連携
  ア PTA、後援会、同窓会との協調・連携
  イ 地域関係機関及び地域住民との協調・連携
  ウ インターンシップ、ボランティア活動等の推進
 (12)教職員の職務の遂行
  ア 職員の服務規律の遵守
  イ 職務遂行の流れは、原則として主任から教頭又は事務長へ、そして校長へ
  ウ 教職員のタテとヨコの連携に基づく職務の遂行
 (13)教職員の人材育成・評価制度実施・事務処理への対応
  ア 教職員の資質能力の向上、学校組織の活性化
  イ 目標管理手法の認識と導入
  ウ 事務処理の効率化・省力化
  エ 事務処理方法の把握と適正な遂行